忍者ブログ
2ヶ月弱で情報処理試験・ソフトウェア開発技術者に合格します。
★RSS 1.0  ★RSS 2.0
Posted at 2018.10.24,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted at 2007.09.25,Tue
H17秋試験の問68

元のデータベースと同じ内容の複製データベースをあらかじめ用意しておき、元のデータベースが更新されると、独立のプロセスが、指定された一定時間後にその内容を複製データベースに反映する手法はどれか。

 ア:2相コミット イ:イメージコピー ウ:ミラーリング エ:レプリケーション


単純にミラーリングかと思いましたが、違うようです。

この設問の答えは、レプリケーション。なので、レプリケーションとは、そういうことです。

あと、データベースに関するものとしては、2相コミット でしょうか。

Wikipedia によれば、全体に問い合わせ後、コミット ( 正常時 ) かロールバック ( 異常発生時 ) をする 仕組みのようです。

まぁ、ぼやぁ〜っと覚えておきましょう。

レプリケーション:複製を用意
2相コミット:要求・コミット or ロールバックの2相
PR
Posted at 2007.09.25,Tue
H16試験の75

トランザクションの ACID特性 のうち、原子性 ( atomicity ) の記述として適切なものはどれか。


問題文にも有りますが、ACID は、 Atomicity Consistency Isolation Durability ( 原子性・一貫性・独立性・永続性 )4つの特性を示すようです。

が、これを聞いても良く分かりませんね。

原子性 ( atomicity ) ってなんぞね?

Wikipedia では、最小性 となっています。こっちの表現の方が分かりやすいですね。

頭の記憶領域が足りているようであれば、それぞれ覚えておきましょう。
私は・・・無理 かもしれません。

原子性:Atomicity / All or Nothing
一貫性:Consistency / データの矛盾が発生しないこと
独立性:Isolation / 同時に実行しても順番に実行しても同じ結果
永続性:Durability / 成功した結果は消失しない
Posted at 2007.09.25,Tue
H17春試験の問61

次の表はどこまで正規化されたものか。

 従業員番号   氏名   入社年  職位  職位手当 
12345情報 太郎1971部長90,000
12346処理 太郎1985課長50,000
12347技術 太郎1987課長50,000


 ア:第2正規形 イ:第3正規形 ウ:第4正規形 エ:非正規形


更新時の異常発生を防ぐ為に行われる正規化ですが、色々な段階が有るのですね。

知らないので、調べるしか有りませんね。

第3正規化までは、このページが非常に分かりやすいです。

第4正規化については、Wikipedia が良い感じでまとまってます。

ええと、第5正規化は、良く分かりませんでした。
ま、いいや。

一般的には、第3正規化ぐらいまでしか使われないようなので、無視しちゃいましょう。

第1正規化:配列・繰り返しを無くすこと
第2正規化:単独キーと複合キーの表に分ける
第3正規化:キー以外の部分で、テーブルになる部分を抜き出す
第4正規化:キーに対し、関連性の薄い値を分割


ニュアンスが違うかもしれません。
Posted at 2007.09.25,Tue
H17秋試験の問63

関係データベースのキーに関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア:外部キーの値は、NULL値であってはならない。
 イ:外部キーの参照先は、代替キーでなければならない。
 ウ:候補キーのうちの一つが主キーとなり、残りは代替キーとなる。
 エ:代替キーのうち一つが主キーとなり、残りは候補キーとなる。


ああ、キーにこんなに種類が有るとは・・・。

趣味程度で遊ぶ分には、主キー ( Primary key ) ぐらいしか使わなかったからなぁ。

他の用語は さ〜っぱりです。

Wikipedia ( 主キー ) によれば、候補キーのうち主キーでないものが代替キーである とあります。

そういう関係のようです。

で、外部キーは何かというと、他のテーブルの主キーを参照するキー ですね。

こんな感じで覚えておきます。

候補キー:主キー+代替キー
外部キー:外部の主キーを参照
Posted at 2007.09.25,Tue
H18春試験の問63

E-R図に関する記述として、適切なものはどれか。


はぁ〜い。わかりませ〜ん

特にデータベース周りは、業務に携わらないと分からないこと多いね。
業務に携わってても分からないのかもしれないけど。

ぐぐって みたところ、 Entity Relation Diaglam の省略で、要はデータベースを設計する為の補助的な図ってことですね。

見た目は、こんな感じの図 のようです。

図自体は大したこと無いのですが、勘違いしてはいけないのは、どのようなデータベースの設計にでも用いられるということ。

あと、「多対多」の関係は表現出来ないので・・・ と書いてあるのは、関係データベース の特徴であって、E-R図 の特徴ではないです。はい。

E-R図:DBの設計図
Welcome ...

 
Ad.
Profile
名前:たびと。
職業:元腐れプログラマ

Template by mavericyard*
忍者ブログ [PR]