忍者ブログ
2ヶ月弱で情報処理試験・ソフトウェア開発技術者に合格します。
★RSS 1.0  ★RSS 2.0
Posted at 2018.11.17,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted at 2007.09.14,Fri
H14試験の問29

タスクが実行状態、実行可能状態、待ち状態のいずれかの状態をとるとき、実行状態のタスクが プリエンプション によってほかのタスクに実行を中断され、再び実行状態となるまでの状態の変化として適切なものはどれか。

 ア:実行状態→実行可能状態→実行状態
 イ:実行状態→実行可能状態→待ち状態→実行状態
 ウ:実行状態→待ち状態→実行可能状態→実行状態
 エ:実行状態→待ち状態→実行状態


プリ・プリ・・・・。

Preemption 横取り ということだそうです。

タスクの状態には、実行状態、実行可能状態、待ち状態3種類があります。

ここで、注意が必要なのは、待ち状態は、割り込みによって他の処理が完了するのを待っているのではなく、自発的に入力完了などを待っているという点に注意が必要です。

プリエンプション という単語よりも、よほど重要ですね。

待ち状態:自発的な待ち状態


だべり日記 というブログにある三角形の図を目に焼き付けておくと、更に効果的ですね。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Welcome ...

 
Ad.
Profile
名前:たびと。
職業:元腐れプログラマ

Template by mavericyard*
忍者ブログ [PR]